営業時間:午前9:30~午後5:30 土日祝日定休

※事前にご連絡をいただければ定休にかかわらず、
対応可能ですので、お気軽にお尋ねください

Office

事務所概要

事務所概要

アクセス

事務所名
春野行政書士事務所
所在地
〒541-0043
大阪市中央区高麗橋2-2-2日宝北浜ビル507号
電話
06-4708-4501
FAX
06-4708-4502
Email
naoki@haru-office.com
営業時間
午前9:30~午後5:30
定休日
土日祝日

アクセス方法

電車でお越しの場合
大阪メトロ堺筋線北浜駅。6番出口から徒歩1分
大阪メトロ御堂筋線淀屋橋駅から、徒歩5分
お車でお越しの場合
専用の駐車場はございません。
付近のコインパーキングをご利用ください。

遭いたくなくとも
人生に一度は経験する交通事故
不安やモヤモヤで
頭がいっぱいになるのは
当然のことです
悩みから開放され
いつもの日常を
一日も早く取り戻すため
お気軽にご相談ください

プロフィール

代表行政書士プロフィール

1980年 
大阪府東大阪市生まれ

2003年 
語学留学(チリ)から帰国

2003年~2007年 
父経営の工場勤務

2008年~2011年 
損害保険会社勤務(人身査定担当者)

2011年 
行政書士開業

2011年~2014年 
他の後遺障害専門事務所にて勤務

2014年~ 
現在に至る

代表の言葉

交通事故の被害者救済を
行政書士としての主業務に掲げた理由
それは言うまでもなく
保険会社時代の経験からです
毎日、様々な被害者に接する中
保険会社には保険会社なりの理屈があり
被害者に「寄り添う」ような
対応ができない理由があることを
痛感しました
その結果、被害者の気持ちは
いつも置いてけぼりになります
後遺障害を残すような
大きなお怪我をしてしまうと
なおさら保険会社と
被害者の隔たりは大きくなります
当事務所では、そのような被害者の
お気持ちに寄り添い
事故によって狂わされた歯車を
少しでも戻せるように
日々の業務に励んでいます
保険会社で人身査定業務経験がある
弁護士・行政書士はほとんどいません
他の事務所では提供できない情報や
経験に裏打ちされた解決策が
見つける事ができるよう
努めておりますので
お気軽にご相談ください

後遺障害として
認められない代表的なケース

症状が残ったとしても
下記のようなケースは
非該当となる場合が多いと
考えています

  • ・症状は重いが、
    治療・リハビリに積極的に
    取り組まなかった方
  • ・事故の損害自体が軽微である方
  • ・医師とのコミュニケーションが
    不足しており、医師に症状の辛さを
    理解してもらっていない方
  • ・事故と怪我の因果関係が認められない方
  • ・加害者から治療費の打切りを
    通告されたあとに、
    通院を止めてしまう方

弊事務所では、
上記のような方の
ご依頼も数多く
取り扱っております

当事務所では、
スペイン語による法務サービスにも
注力しています。
行政書士×スペイン語×交通事故業務、
の組み合わせでは、
日本で唯一の事務所です。
日本にお住まいで、
スペイン語を母語とする
南米諸外国の方
(ペルー、メキシコ、ボリビアなど)が
安心して日本での生活を
送ってもらえるように、
日々業務に取り組んでいます。

お問い合わせ

元保険会社勤務の行政書士が
圧倒的な実績と経験にて
サポートさせていただきます

営業時間:午前9:30~午後5:30
土日祝日定休

※事前にご連絡をいただければ
定休にかかわらず
対応可能ですので
お気軽にお尋ねください

タイトルとURLをコピーしました